フトアゴとチワワの観察日記

病気のフトアゴ「ボン」の日常~ときどき5匹のチワワも登場します

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケージ環境と体重比較

フトアゴを飼い始めた頃はネットで色々調べてお迎えするのですが、それでもいざ迎えてみると不安でいっぱいですよね!?
私がいつも気になっているのはフトアゴの月齢に対しての体重なんです。(比較してはいけないのだろうけど…食べが悪かったりすると「あぁ~他の子はウチと一緒の月齢の時はどのくらいなんだろ?」と不安でついPCで情報を探してしまうんです)

でも…フトアゴってネットで見ると意外と食べてる子が多くて落ち込む事も多かったです。
他のフトアゴ飼いの皆さんにもうちの子の体重も見て頂こうかと思います。 (エサ食いの悪い子バージョンですかね) 

ボンの場合                

生後1ヶ月(10g)                        
   2ヶ月(23g)                           
   3ヶ月(41g)                           
   4ヶ月(60g)                     
   5ヶ月(102g)
   6ヶ月(126g)
   7ヶ月(161g)
   8ヶ月(204g)
   9ヶ月(229g)
  10ヶ月(250g)
  11ヶ月(251g)
  12か月(233g)
もうすぐ2歳(236g) ←現在 

メイの場合

生後5ヶ月(63g)
   6ヶ月(75g)
   7ヶ月(109g)
   8ヶ月(160g) ←現在

とまぁ…こんな感じです。 


ちなみにケージの全体像はこちら↓↓↓

P1010446.jpg

右上のドームには「パワーサン」
左上には紫外線灯「レプティサン10.0とネイチャーサン2.0」 ←パワーサンだけでは不安な飼い主なので
ケージの左側天井に「暖突」 真ん中に「セラミックインフラレッドヒートエミッタ―+シャトル」
右下にはパネルヒーターです。

右側のホットスポットはだいたい38度くらい
左側の涼めるエリアはだいたい28度くらい  (温度を測るサーモガンでいつもチェックしてます)  

※左側にある台には理由があります。・・・それは、メイとボンを同居させてからというもの、ボンが自力で餌を食べるようになったので、昼間私が仕事でいない間にメイが食いっぱぐれないようにと、メイ専用のエサ台なのです。
(ボンは足が悪いので上る事は不可ですよ)

メイはお迎え後にコクシジウムが見つかり1ヶ月投薬しました。今後定期的に健康診断を受ける予定です。(ボンにはコクシはいなかったですが、同居という事で一緒にお薬飲んでました)


ボンの症状の画像を載せようと思います。

ボンの尻尾
↑尾がボコボコで痩せてる証拠です。

ボンの右親指
↑爪が飛んでこんな指に・・・

ボンのアゴ先
↑アゴの先はもう1年程こんな感じです。脱皮不全やら強制給餌やら色んな事が重なった時期にしゃくれてきて腫瘍のようになってしまってます。

こんなボンですが、今後もよろしくお願いしますね。

↓ちなみに今日のメイです。

P1010447.jpg
鼻エノキ取りたぁ~い!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。