フトアゴとチワワの観察日記

病気のフトアゴ「ボン」の日常~ときどき5匹のチワワも登場します

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーミュータント脱毛症

朝晩すっかり寒くなりましたね~w( ̄o ̄)w


毎朝私が起きて、ワンコ達を2回に分けて


2階→1階に運ぶ


その後ストーブをスイッチON


P1010668.jpg

「もも~。火傷するよぉ~!!」



飼い主の心配もよそに、毎年恒例な風景なんですけどね。



朝のストーブ最前列は争奪戦となっておりまーす



ところでタイトルにもありましたカラーミュータントとは何ぞや


わが家の四女「もも」の事なのです。


ももは「ブルータンのスムースチワワ」です。


詳しくは(一部の記事を抜粋したものです)


この脱毛症を示す病気は、毛包の発育異常とメラニンの形成障害を特徴とする遺伝性のものです。この病気は、いろいろな犬種、ブルー並びにフォーンの被毛を持つドーベル、ミニピン、ダックス、プードル、ウィペット、イタグレ、サルーキ等に見られます。
 一般的に3歳くらいまでに徐々に発症し、虫食い状態と被毛の淡色化が見られ、被毛が薄くなるのに伴い、ふけがでて、ブツブツして、毛穴の細菌性の炎症を示し、最終的にはかさかさした脱毛となっていきます。体幹に主に見られ、頭部および四肢にはほとんど見られないのが特徴です。二次的な細菌感染性の皮膚炎がなければ、痒がらないことが多い。
 イタグレにおいて診断は、ブルー又はフォーンの犬が、背中を中心に徐々に進行する脱毛が若いうちに見られた場合カラーミュータント脱毛症が疑われます。獣医的には被毛を抜いて顕微鏡検査をするか、診断を確定するために皮膚生検をします。
 脱毛が始まる年齢によっては、内分泌性脱毛も考えられるので(イタグレには甲状腺機能低下症もよく見られる)ホルモンの検査をする場合もあります。
 治療は特効的なものはなく、慢性に経過し、毛の生える期待も薄い。治療の目的は、毛穴の感染症を防ぐことで、シャンプーで皮脂を落とし、その後乾燥させないようリンスをし、抗生物質を投与します。

この病気は遺伝性なので、罹患した犬を繁殖に供すべきではない

しかしこの病気は健康には何も影響がありません、美容上の問題です

追記
 この病気は多くあるものではなく、私もヨーキーで一例、イタグレで一例見たことがあるだけです。カラーミュータント脱毛症を淡色系の犬の遺伝病疾患の代表のように言う方がいますが、決して淡色犬の多くに遺伝しているものではありませんので誤解しないでください。

再追記
 最近黒いロングチワワにもこの病気を見ました。





ももの背中を撮ったものです

P1010679.jpg
P1010678.jpg

背骨周辺や耳の毛はないです。(新たに生えてきても、毛が弱々しくてすぐ折れてしまうんです)


特にうちのももは脂っぽいのか、服を着せてもすぐに皮脂で服が黒ずんできてしまうほど Σ(ω |||)


でもハゲててもいいんだ


可愛いももには変わりないんだから


皮膚を清潔に保つ為に病院のシャンプーを使ってます。(あんまりいい香りのヤツじゃないのが残念


ハゲてる以外は至って元気なもも(てんかん発作持ちだけど)


今年の冬もストーブとコタツと湯たんぽで乗り切ろ~ねっ


では









関連記事
スポンサーサイト

コメント

hanaharu3さんへ

わが家の「もも」も初めは皮膚の病気を疑いましたが、検査しても異常なしで病院の先生も「分からない」としか言ってもらえず自力で調べました(^_^;)
その後、先生に報告しシャンプーや軟膏など処方してもらいました。
寒がりチワワなのでハゲてる分よけい寒いだろうなと思いますが、見た目だけの事だし健康でいてくれれば何も言う事ないですよね。
hanaharu3さんの愛情はチワワちゃんにもちゃんと伝わってますよ~♪

初めまして。
うちのブルータン ちわわの長女も背中だけ
お禿げです!
病院でも、「ブルーだからねぇ」だけで詳しく教えてくれなかったので、とても勉強になりました。
ハゲてても、いやハゲ込みでその子なんで、飼い主的には気にならないですよね〜♡

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。